ホームページデザインのヒント
Home  > デザインのヒント > その4 大きさとか間隔ってどうすんの?

大きさとか間隔ってどうすんの?

余白が大事
デザインを考えるときに、余白をどうするか?
ホームページに限らず、なんでもギリギリに詰まっているのって、なんだか余裕が無くて窮屈に感じるものですよね。


例えば、いま読んでる、この文章の周りは、枠で囲まれています。
周りの枠の上下左右に、スタイルシートで余白を設定しています。
ちょっと、ここの枠から出て書いてみますね。
文章は、テキトーで、深い意味は、ありません。


ネットはエロへの入口であり、エロは、全てに通じる。
よってエロ画像収集は、人生課題の一つにするものであり、
オレは、その為にネットをするのだ!
エロって意外に生きるエネルギーだったりするんですわこれが。
まさに、必要は発明の母、所詮この世は色と欲。
技術の進化に一番貢献するのは、理想ではなく、常に欲望と戦争なのか?
人間の根源的な欲求に応えるものだから。
ああ、人間。 されど人間。


↑本当に文章には、深い意味は、ありません(笑)

ちょっと、わかりづらいかもしれませんが、窮屈に感じませんか?
特に文字の先頭と線との間に余白がありませんね。

このビミョーな、余白が、閲覧者にとって、無意識に窮屈に感じている部分の一つです。
テンプレートでは、すでに余白が設定してあるので、そのまま使っても問題ないのではないかと思ってます。

意識的に余白を少なくするとにぎやかな感じになります。
余白が多いと高級な感じになり、逆に少ないと安っぽい感じになります。
安さをアピールするチラシが、ごちゃごちゃして余白が少ないのには意味があるのですね。



行間が大事
行と行の間のスペースのことです。
↓まずは、こちらをどうぞ


ネットはエロへの入口であり、エロは、全てに通じる。
よってエロ画像収集は、人生課題の一つにするものであり、
オレは、その為にネットをするのだ!
エロって意外に生きるエネルギーだったりするんですわこれが。
まさに、必要は発明の母、所詮この世は色と欲。
技術の進化に一番貢献するのは、理想ではなく、常に欲望と戦争なのか?
人間の根源的な欲求に応えるものだから。
ああ、人間。 されど人間。


↑どうですか? 行間が狭いと、さらに読みづらいですね。
特にウインドウズの標準では、行間が狭いので窮屈に感じます。


テンプレートでは、すでに行間を広めに設定してありますで、特に設定を変えずに、そのまま使っても問題ないのではないかと思ってます。
もちろん、自分の好みで簡単に変更も出来ますので、ご安心を。


文字と文字の間も、行間に合わせて調整したほうが良い場合もありますが、行間ほどシビアではないと思いテンプレートでは、文字間に関しては、いじっておりません。



文字のサイズは、どうすべきか?
レイアウトが崩れるのを嫌い、文字のサイズを固定すると閲覧者が文字が小さくて読めない場合がありますので、できればパーセント指定でサイズ可変にしたほうがよいと思います。
個人的には、固定サイズが好きなのです。


ここのサイトは、まだ調整中ですので、たまに気分でパーセントにしたり固定にしたりいろいろ変更することがありますのでことをお許しください。

テンプレートでは、サイトデザインの雰囲気にあわせて、それぞれのスタイルにあらかじめ文字の大きさが決めてあります。 どうしようか悩んだらそのままの設定でお使いください。



アンダーライン(下線)は、どうする?
上記同様、ホームページでアンダーラインといえば、リンクを表すものなので、リンク以外で
文字を強調するとかに、アンダーラインを使うとリンクと間違えるのでアンダーラインの使用は、控えたほうがいいと思います。



中央揃えは使わない
映画のスタッフロールじゃないんだから中央揃え、ましてや右揃えを使うと、読みづらいことこのうえなし、あえてわかってアクセントに使うならお洒落につかいましょうね。


中央揃え
ネットはエロへの入口であり、エロは、全てに通じる。
よってエロ画像収集は、人生課題の一つにするものであり、
オレは、その為にネットをするのだ!
エロって意外に生きるエネルギーだったりするんですわこれが。
まさに、必要は発明の母、所詮この世は色と欲。
技術の進化に一番貢献するのは、理想ではなく、常に欲望と戦争なのか?
人間の根源的な欲求に応えるものだから。
ああ、人間。 されど人間。
右揃え
ネットはエロへの入口であり、エロは、全てに通じる。
よってエロ画像収集は、人生課題の一つにするものであり、
オレは、その為にネットをするのだ!
エロって意外に生きるエネルギーだったりするんですわこれが。
まさに、必要は発明の母、所詮この世は色と欲。
技術の進化に一番貢献するのは、理想ではなく、常に欲望と戦争なのか?
人間の根源的な欲求に応えるものだから。
ああ、人間。 されど人間。

なっなっ、読みづらいべ
とまあ、ここまで思いつくままに書いちゃったわけですが、個人的な見解が多く含まれている内容なので、ちゃんとしたホームページを作るには、ここではなくしっかりと正確な情報が載っているホームページを見てください。


ホームページの作り方を勉強するならこのへんで
ダサいホームページ作成マニュアル凝縮版 
嫌われないWebデザイン 

Webデザインを勉強するならここらあたり
Key Person Q 
小道具屋 

句読点の入れ方でも読みやすさは、違う。
日本語って、やっぱりビミョーですね(笑)


次は、【どうやったら目だつのか?】編に進む。

スポンサード リンク

戻る

PAGE TOP