ホームページデザインの着せ替えができるテンプレート
Home  > テンプレート > テンプレートの使い方その12

テンプレートの使い方その12 テンプレートデザインを作ろう

文字入れは、自分でお願いいたします。
テンプレートを改造するには?の部分で少し説明しましたが、オリジナルデザインを作る方法を、すこしだけ補足しときます。
とりあえずソフトは、なんで作っても構いません。
ビルダーで作ろうが、手打ちで作ろうが、あなたが慣れているやりかたでかまいません。
ただし最終的に、ホームページビルダーで違和感がなく編集できるようにしましょう。


わたしが新しいデザインを作る方法を書いてみます。
まず、内枠の巾を決めます。
内枠の巾が700px、メニューの巾が200px程度がデフォルトの設定なので、極端に巾を変えると文字の改行位置とか、すでに挿入した画像サイズより小さく設定するとレイアウトが崩れやすいので気をつけましょう。

わたしの場合、メニューの巾を小さくしたときは、文字の大きさを、すこし小さくするなどして対処してます。


右メニューにするのか、左メニューにするのかを決めます。
フロートさせるmainmenuを囲っているmain_boxの巾を決めます。

全体のデザインを決定づける背景画像を考えます。
ウェブアートデザイナーでheader.htmlfooter.htmlに使うタイトル付きの背景画像も、いっしょに作り設定します。
ウェブアートデザイナーのウェブアートデザイナーのmifファイルアイコンmifファイルも添付しときます。

背景のイメージに合った色で文字やアイコン画像を変更します。
とまあ、こんな感じで作ってます。

完成しましたら、こちらに連絡をお願いいたします。→Mailのページへ
途中まで作ってみたんだけど、よくわかんないってかたも→Mailのページからどうぞ



最後に・・・


前に見てたページに戻る
スポンサード リンク

PAGE TOP