ホームページデザインのヒント
Home  > デザインのヒント > その1 読んでもらえる工夫をしよう

読んでもらえる工夫をしよう

じつは、わたくし文章を書くのが、とても苦手です
このホームページ、長ぁぁぁーーーい文章を、いまこうして読んでいただけるのも、わたしの文才の賜物などとは、思っておりません。
思い起こせば、ホームページを作る以前に、ちゃんとした文章を書いたのは、小学校の作文以来です、それだけ文章を書くのは、苦手なほうでしたから。

それでも、いまこの文章を読んでいただけているというのは、この後に説明する、読んでもらえる工夫をしているからじゃないのかなって思ってます。



なぜ、ホームページは、読んでもらえないのか?
ホームページが、紙の文書と違うのは、ホームページというのは、やはりモニターで見る(読む)というのが前提であるという事です。(あたりまえですね)

紙媒体ですと、長時間文章を読んでも、さほど苦痛を感じないのに、モニターだと、なんだか長い間見てられないと感じるのは、やはり光るモニターの文字や画像を、ジーっと、まばたきもせずに追いかけている状態に目が耐えられないということです。


そう、これは、かなりの苦痛です。 いや拷問に近いかもしれません。(笑)
そんな、目にキビシー環境でも読んでいただくために、ほんのすこしだけ工夫をしてみませんか? では、どんなことに気をつければよいのでしょうか?

実は、けっこう簡単なんです。
いくつかの法則を守っていけば、読みづらかった文章が格段に、読みやすくなっちゃいます。


【どうやって文字を書くか?】編へ進む 
スポンサード リンク

戻る

PAGE TOP